2005年11月20日

ポケモン不思議のダンジョン・その1

チュンソフト繋がりという事で『ポケモン不思議のダンジョン』のネタを。
ホームランドのプレイヤーの間でも、買われた方は多そうですし、ね♪

そうそう、ゲームのストーリーなどに触れる前に、
買おうかどうか迷われてる方へ、判断の材料になるか分からないけれど雑感を少し。

不思議のダンジョンとしては、シレンの方が圧倒的に面白いと思います。
レベル継続制だと、育てる楽しみはあるかもしれませんが、
一回一回のドキドキ感はものすごく薄れますもんね。
特に感じたのは、階段を一段下りるとき。
ぜんぜん怖くないんですもん。張り合い無さ過ぎ。
とはいえ、まだゲーム途中ですし、こんな評価はあてになんてならないでしょうけど。
真価は”Lv.1からで道具持ち込み無しの最終ダンジョン”にて決まるでしょうしねっ。

逆にポケモンのゲームとしてみた場合は、十分すぎるくらいに面白いです。
ポケモンが好きな方でしたら、キャラクターによる満足度をプラスして、
一本のゲームとしての総合評価はシレンより上にいきそう。
ただ、ポケモンの”ゲーム”を好きな人だとまた違ってくるかもしれませんが。
「あくタイプのポケモンにねんりきを使ったらダメージを与えられた」
といえば、納得いかない方も多いでしょうから(←納得いってない)

シレンは好きだけどポケモンには興味が無いって方は、
もう少し方々の評価が出るまで様子見するのをお奨めします。
(個人的には、チュンソフトへのお布施として買っていただきたいですが(笑)
ポケモンが好きな方でしたら、概ね買って間違いは無いでしょう(^−^)
チョコボなどの他のダンジョンものがお好きな方は、
……やったことが無いので分からないです(^^;)


それでは記事本編の方へ〜。

ぼくが買ったのは赤の救助隊の方。
最初の診断の結果、ぼくがなったポケモンは……コダックでした。
って、ええ〜!? コダックぅ〜!!?
フシギダネとかピカチュウとかヒトカゲとかとか、
あの辺りのポケモンにしかならないと思っていたので、ちょっと意外。
正直、主人公って感じがしないのでやり直す事に。
と、でもでもその前に、
やり直すのはいつでも出来るんだから、
ちょこっとオープニングや最初のダンジョン辺りだけでも見てみようっと♪

そんな感じに始まったぼくの救助隊活動。
察しの良い方はお気づきかと思いますが、
ええ、ええ、そのままコダックで続けてしまいましたヨ。
もうやり直す気になんてなれないです(苦笑)
だって! 相方のアチャモがすっごい可愛いんですもんっ!!
なんであんなに健気なのサァ(つ_;)
あんなの見ちゃったら、
それまでの冒険を無かったことにして、
アチャモの存在も帳消しにして、
やり直すなんて、そんなコト出来るわけないじゃん!
きっと他のポケモンでも基本は同じなんでしょうけど、
ほら、ストーリーのあの辺りのくだりが!!
ああ書きたいのにネタバレになるから書けない〜っ。

はっ、続きは追記で隠して書いておけば良いんですよね。
というわけで、ネタバレを含む追記は、
「ネタバレでも構わないorエンディングまで進んだゾ」
という方だけご覧下さいませ〜☆
そう、エンディングまで……もうクリアしちゃったんですよね。えへへ。
というか、不思議のダンジョンにおいて、
ストーリーのクリアはチュートリアルの終了と同義、ですもんねっ。
案の定、ここまではめちゃくちゃ簡単でしたし。
死んだというか失敗扱いになったのは、
依頼主同行の救助依頼で、その依頼主が倒れたときだけでしたし。

それでは、ネタバレの続きをどうぞ〜☆


posted by きつね at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | その他のゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。